日本列島防衛論

日本列島防衛論
定価1,210円(本体1,100円+税)
発売日:
※価格、発売日は紙書籍のものです。
  • 発行形態 :単行本
    電子書籍
  • ページ数:248ページ
  • ISBN:9784344026957
  • Cコード:0095
  • 判型:B6判変型
購入する
amazon Rakutenブックス 7net shopping TSUTAYAオンラインショッピング 紀伊国屋書店 honto HMV TOWER RECORDS Honya Club e-hon ヨドバシカメラ
電子書籍で購入する
amazon kindle Rakuten Kobo g+ 幻冬社plus Apple Books honto 紀伊國屋書店 U-NEXT Book Live ebook BOOK WALKER DMM ブックス Reader Store auブックパス dブック コミックシーモア

作品紹介

海に囲まれた島国の宿命が、この国を滅ぼそうとしている

日本もイギリスも、ともに島国であることを利し、あるいはハンディを負いながら、国を防衛してきた。
本書では、日本防衛のプロと、イギリス史の権威が、日本とイギリス、各々の戦争と防衛の歴史を振り返りながら、
これからの世界で生き抜いていく覚悟と方法論を展開する。
集団的自衛権も、中韓ロ米対策も、ポイントはここにある!

【内容抜粋】
●「島国・イギリス」が大国でありつづけたのはなぜか
●アメリカが苦しい今こそ、現代版「攘夷」のチャンス
●島国にとってとくに大事な領海・経済水域の考え方
●島国は恥を知る国民、強い侍をつくった
●「拉致は存在しない」と言ってきた党やマスコミは廃業すべき
●官僚叩きも、国産戦闘機つぶしも、アメリカの陰謀
●島国は過度に国際化すると弱体化する
●3000メートル滑走路のある沖縄の島に自衛隊機を置くべし
●「中国の挑発に乗るな」では、すでに情報戦に負けている
●ナポレオンもドイツもソ連も海に出ようとして失敗した

【目次】
1章 今こそ新「攘夷」を考えないと島国日本は滅びる
2章 歴史が語る島国の強み・弱みをよく知るべし
3章 平和ボケした政党とマスコミには、厳しい「不買運動」を
4章 島国根性に付け込まれた屈辱の戦後史に目を覚ませ
5章 平和だナンバーワンだとおだてられて「独立を失った日本
6章 過度に国際化して弱体化した「島国」の教訓を忘れるな
7章 中韓ロの軍事。経済での情報戦に惑わされるな
8章 大島国になりたい米中をうまく操れるチャンスが来た

特集今おすすめしたい旬な本を集めました

#01

始めよう!「新しい趣味」特集

心にも温かな風が吹き始める春。新しい趣味に挑戦してみませんか? 人生に新たな彩りを与えられそうな本を、バラエティ豊かに集めました。

詳細検索

    • から

    • まで