二十二社 朝廷が定めた格式ある神社22

二十二社 朝廷が定めた格式ある神社22
二十二社 朝廷が定めた格式ある神社22
定価968円(本体880円+税)
発売日:
※価格、発売日は紙書籍のものです。
  • 発行形態 :新書
    電子書籍
  • ISBN:9784344985766
  • Cコード:0295
購入する
amazon Rakutenブックス 7net shopping HMV TSUTAYAオンラインショッピング 紀伊国屋書店 TOWER RECORDS honto ヨドバシカメラ くまざわ書店
電子書籍で購入する
amazon kindle Rakuten Kobo g+ 幻冬舎plus Apple Books DMM ブックス ebook honto コミックシーモア U-NEXT BOOK WALKER

作品紹介

二十二社とは、天変地異が起きたとき国(朝廷)が神前に供物(幣帛)を捧げた22の第一級神社で、平安時代後期1039年、後朱雀天皇が定めた神社の格式制度である。
地域は京都と奈良が中心だが三重、大阪、滋賀、兵庫にも1つずつある。
伊勢神宮、伏見稲荷大社、春日大社のような有名神社はもちろんあるが、丹生川上神社のようにあまり知られていない神社もある。
出雲大社や厳島神社は入っていない。
そこには、どのような基準や意味があったのか。
また、どんな由来や特徴があるのか。
古の神に思いを馳せる画期的な神社ガイド。

特集今おすすめしたい旬な本を集めました

#01

大人の自由研究本

生物、地理、歴史にブロックチェーンなどなど。大人も楽しめる「自由研究本」が勢揃い! 充実した夏を過ごすためのヒントが詰まった特集です。

詳細検索

    • から

    • まで