日本の軍歌 国民的音楽の歴史

日本の軍歌 国民的音楽の歴史
定価924円(本体840円+税)
発売日:
※価格、発売日は紙書籍のものです。
  • 発行形態 :新書
    電子書籍
  • ページ数:280ページ
  • ISBN:9784344983533
  • Cコード:0295
  • 判型:新書判
購入する
amazon Rakutenブックス 7net shopping TSUTAYAオンラインショッピング 紀伊国屋書店 honto HMV TOWER RECORDS Honya Club e-hon ヨドバシカメラ
電子書籍で購入する
amazon kindle Rakuten Kobo g+ 幻冬社plus Apple Books honto 紀伊國屋書店 U-NEXT Book Live ebook BOOK WALKER DMM ブックス Reader Store auブックパス dブック コミックシーモア

作品紹介

軍歌は、日本史上、最も国民の心を掴んだ音楽だ。初めての軍歌「来【ルビ:きた】れや来【ルビ:きた】れ」が登場した一八八五年から終戦の一九四五年までに作られた曲は一万超。軍歌は、政府にとって国民を戦争に動員するための道具であり、国民には最も身近な娯楽、レコード会社・新聞社・出版社には、確実に儲かる商品だった。一九三七年の「露営【ルビ:ろえい】の歌」は約半年でレコード売上六〇万枚超の大ヒット。一九三八年のミリオンセラー「愛国行進曲」は、第二の国歌といわれる定番曲となった。そこには、今では怖いイメージがつきまとう軍歌のまったく違う姿がある。誕生から末路まで、史上最大の大衆音楽の引力に迫る。

特集今おすすめしたい旬な本を集めました

#01

始めよう!「新しい趣味」特集

心にも温かな風が吹き始める春。新しい趣味に挑戦してみませんか? 人生に新たな彩りを与えられそうな本を、バラエティ豊かに集めました。

詳細検索

    • から

    • まで