• 2023.12.04
  • 受賞・ノミネート

西野亮廣によるビジネス書『夢と金』が「楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング」で1位に!

西野亮廣によるビジネス書『夢と金』が「楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング」で1位に!

今年4月に発売になった西野亮廣著のビジネス書『夢と金』(幻冬舎刊)が、「楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング」で1位を獲得した。

【楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング(タイトル別)】

1    夢と金
2    頭のいい人が話す前に考えていること
3    年間100万円の配当金が入ってくる最高の株式投資
4    一生頭がよくなり続ける すごい脳の使い方
5    とにかく仕組み化
6    嫌われる勇気
7    DIE WITH ZERO
8    限りある時間の使い方
9 半オートモードで月に23.5万円が入ってくる「超配当」株投資
10  会社も税務署も教えてくれない 会社員のための節税のすべて

※「楽天Kobo2023年間ランキング」は、総合・小説・ライトノベル・ビジネス・BLなどのジャンル別に集計しているもので、2023年の年間ランキングの集計期間は 2023年1月1日(日) ~ 2023年10月20日(金)。
(集計方法:「楽天Kobo電子書籍ストア」での販売数をもとにシリーズごとに集計。雑誌を除く。タイトル別集計の場合、上下巻・同一シリーズなどは最上位巻を掲載)

「夢か? 金か?」という議論をキミのまわりの連中は繰り返すだろう。
耳を傾ける必要はない。あんなのは全て寝言だ。
「夢」と「お金」は相反関係にない。僕らは「夢」だけを選ぶことはできない。
「お金」が尽きると「夢」は尽きる。これが真実だ。

――と始まる本書は、まさに「現代を生き抜くための説明書」。
エンタメや作品の創作だけでなく、ビジネスモデルのデザインまで考え、作り出し、動かし、数字を出していく西野亮廣の頭の中がまとめられている。親子で読めるわかりやすさも魅力だ。
今年、様々なイベントで話題になった「VIP戦略」も、本書が流行の一端を担っているのではないか。「脱・労働集約型と脱・完売思考」「正しいサービスよりも惚れるサービスを」「機能を売るから“高い”と感じさせてしまう」「求められているのは顧客の“ファン化”」「AI×NFTで活動資金を作る」など、視野を広げてくれるインパクトの強い言葉が並ぶ。日本の未来に向かうために、すべての人が読むべき一冊だ。

西野亮廣(にしのあきひろ)プロフィール
1980年兵庫県生まれ。芸人・童話作家。 著書は、絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ& キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』『みにくいマルコ』、小説に『グッド・ コマーシャル』、ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『バカとつき合うな』(堀江貴文氏と共著)『新世界』『ゴミ人間』などがあり、全作ベストセラーとなる。 2020年12月に公開された映画『えんとつ町のプペル』では脚本・制作総指揮を務め、大ヒットを記録。日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞、アヌシー国際アニメーション映画祭長編映画部門ノミネートなど海外でも高く評価される。国内最大級のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」を運営するなど、 芸能活動の枠を越え、さまざまなビジネス、表現活動を展開中。今年幕張メッセで展開した「えんとつ町の”踊る”ハロウィンナイト」では1万3000人を動員。『夢と金』現在23万部。

■「楽天Kobo電子書籍ストア」サービス概要

「楽天Kobo電子書籍ストア」は、コミック・小説・雑誌など、約400万冊(202310月時点)のあらゆる書籍を取り扱っている総合電子書籍ストアです。
無料・試し読みの作品も常時数千冊取り揃えており、スマートフォン、パソコン、電子書籍リーダー、タブレット端末など、様々なデバイスで読書をお楽しみいただけます。

公式サイト: https://books.rakuten.co.jp/e-book/
公式X(旧Twitter): https://twitter.com/Rakuten_Kobo