“喜平さ”がつくった奇跡の村

“喜平さ”がつくった奇跡の村
“喜平さ”がつくった奇跡の村
定価1,320円(本体1,200円+税)
発売日:
※価格、発売日は紙書籍のものです。
  • 発行形態 :単行本
    電子書籍
  • ページ数:152ページ
  • ISBN:9784344032125
  • Cコード:0095
  • 判型:四六判
購入する
amazon Rakutenブックス 7net shopping TSUTAYAオンラインショッピング 紀伊国屋書店 honto HMV TOWER RECORDS Honya Club e-hon ヨドバシカメラ
電子書籍で購入する
amazon kindle Rakuten Kobo g+ 幻冬社plus Apple Books honto 紀伊國屋書店 U-NEXT Book Live ebook BOOK WALKER DMM ブックス Reader Store auブックパス dブック コミックシーモア

作品紹介

小さな村でもできる。峰竜太の故郷・下條村を過疎から救った、「奇跡の村長」と「奇跡の村人」の物語。日本の未来へのヒントがここに! “ワンマンで強権、しばし理不尽"な村長・伊藤喜平。52歳で胃がんを患い、胃の3/4をカット。「おれの命は捨てたも同然だ」と、村の改革に乗り出した。子育て世代への村営マンション作り、役場職員の意識改革とスリム化、村人たちの手による道路作り……。過疎の村から「子どもの声が響く村」へ導いた村長の奮闘記。目次より第1章 カリスマ村長僅差の勝利/選挙で掲げた「子どもの声が響く村づくり」/周囲は“敵"だらけ/職員全員を民間研修に/若い職員のやる気が出た/「刺すか刺されるか」の覚悟で/ワンマンで強権、しばしば理不尽/「少数だから精鋭になる」/カネもないのに借金を増やしてどうするんだ/前例踏襲と横並び思考を断つ/金利も返済もない。ランニングコストも安い/常識外れの資材支給事業/「やってみると具合がいいんだ」/一期で「討ち死に」する覚悟/借金が減って、貯金が増えた/「奇跡の村長」の物語/とても人間くさいドラマ

特集今おすすめしたい旬な本を集めました

#01

幻冬舎文庫の春まつり2024

毎年恒例「幻冬舎文庫の春まつり」の季節がやってまいりました。
益田ミリさん書き下ろしキャラクター「書店員のブンコさん」と「猫のホンダニャン」が全国書店にてお待ちしております!

詳細検索

    • から

    • まで