最後の絵手紙 福知山線脱線事故で夫を失った妻の手記

最後の絵手紙 福知山線脱線事故で夫を失った妻の手記
定価1,320円(本体1,200円+税)
発売日:
※価格、発売日は紙書籍のものです。
  • 発行形態 :単行本
  • ページ数:88ページ
  • ISBN:9784344013124
  • Cコード:0095
  • 判型:A5判
購入する
amazon Rakutenブックス 7net shopping TSUTAYAオンラインショッピング 紀伊国屋書店 honto HMV TOWER RECORDS ヨドバシカメラ

作品紹介

--その日も、いつもと同じように一日が終わるはずだった--
 このたび小社では、2005年に起きた福知山線脱線事故でご主人・石井利信氏を
失った 妻・房江氏による手記『最後の絵手紙』を刊行いたしました。
 世間を震撼させた事故から2年が過ぎようとしています。列車は復旧し、人々
はこれまで通りに毎日を過ごせるようになりました。しかし、事故で大切な人を
失った方々の傷は今も癒えていません。やり場のない思いを抱えながら過ごして
いるのです。
 本書は、事故が起きた日の一連の出来事と、それをきっかけに振り返った
事故以前と事故後の生活・感情の変化について、房江氏の視点でまとめました。
 画廊に勤めていた利信氏は、出張のため家を空けることが多く、
そのため、出張先から妻や二人の息子たち、そして母親に絵手紙を送ることでコ
ミュニケーションを図っていました。
 今回は、この絵手紙と房江氏による文章を織り交ぜて収録しています。

特集今おすすめしたい旬な本を集めました

#01

大人の自由研究本

生物、地理、歴史にブロックチェーンなどなど。大人も楽しめる「自由研究本」が勢揃い! 充実した夏を過ごすためのヒントが詰まった特集です。

詳細検索

    • から

    • まで