ほぼ日手帳の秘密 2007 14万人が使って、14万人がつくる手帳。

シリーズ :
ほぼ日手帳の秘密 2007 14万人が使って、14万人がつくる手帳。
定価1,320円(本体1,200円+税)
発売日:
※価格、発売日は紙書籍のものです。
  • 発行形態 :単行本
  • ページ数:140ページ
  • ISBN:9784344012516
  • Cコード:0095
  • 判型:A5判
購入する
amazon Rakutenブックス 7net shopping TSUTAYAオンラインショッピング 紀伊国屋書店 honto HMV TOWER RECORDS ヨドバシカメラ

作品紹介

※こちらの商品は手帳ではありません。
※この本は『ほぼ日手帳の秘密』をわずかに(12p)改訂したものです。

手帳なんて必要ないと思っている人も、手帳を使いこなしている人も。
ほぼ日手帳を使っている人も、ほぼ日手帳を知らない人も。
毎日がさらにたのしくなるヒントがつまっています。
1『自分が主人公になる手帳。糸井重里インタビュー』
糸井重里独自のメモ論、手帳論をはじめて披露しました。
2『とことん自由に使える手帳。ほぼ日手帳、43人の使用例』
主婦・ビジネスマン・漫画家・マジシャン・三日坊主‥‥
有名人から一般人まで43人の手帳の使い方を掲載。
使い方も自由自在。ネタ帳、スクラップブック、日記、育児、
営業管理、家計簿、イラスト、間取り図、農作業日誌等、
「何でもない日を大切にする」という
ほぼ日手帳のコンセプトを実現している人の手帳です。
3『10万冊のベストセラーになった手帳。
  ほぼ日手帳、制作ドキュメント』
ほぼ日手帳誕生のきっかけから、たびかさなるトラブル、
使った人が改良してくれる仕組みなどインターネット界の
成功と失敗が凝縮されています。
コラム『上大岡トメさんのほぼ日手帳レポート』
110万部のベストセラー『キッパリ』作家は
ほぼ日手帳をどのように使っているのか?!

特集今おすすめしたい旬な本を集めました

#01

大人の自由研究本

生物、地理、歴史にブロックチェーンなどなど。大人も楽しめる「自由研究本」が勢揃い! 充実した夏を過ごすためのヒントが詰まった特集です。

詳細検索

    • から

    • まで