GINGER 2023年7月号

シリーズ :
GINGER 2023年7月号
定価900円(本体818円+税)
発売日:
※価格、発売日は紙書籍のものです。
  • 発行形態 :雑誌
  • ISBN:4910052530737
  • 判型:B4判
購入する
amazon Rakutenブックス 7net shopping HMV TSUTAYAオンラインショッピング 紀伊国屋書店 TOWER RECORDS honto ヨドバシカメラ くまざわ書店

作品紹介

この愛、ずっと変わらない 永久保存版
5月23日(火)全国発売のGINGER2023年7月号通常号の表紙には、約1年ぶりにSnow Manが登場。4月からは冠番組がゴールデンに進出し、5月18日に発売された最新アルバム「i DO ME」は、初日売上83.3万枚、さらに26日からは初のドームツアーがスタートと、話題に事欠かない彼らが、デビューから3年たった今の心境、そしてこれからについてじっくりと語ります。そしてメンバーの立ち姿&顔の寄りカットのスペシャルピンナップは、アクスタにピッタリのサイズです。

3年の時を経て、マチュアなSnow Manに出会えるのはGINGERだけ!
デビューしてから3年がたち、今もっとも勢いのあるグループとして多くの注目と期待を集めているSnow Man。彼らが目標の一つとして掲げていたドームツアーを目前に控えた今、この3年の歩みとメンバーの関係性や変化について、表紙への登場が約1年ぶりとなる今回、じっくりとインタビューしました。

「挑戦とメンバーと笑う時間を大事にしたい」(目黒連)、「これからも平和にぼちぼちやっていきたい」(向井康二)、「楽屋トークを続けて『国民的アイドル』に!」(ラウール)、「感謝を忘れず、これからも走り続ける」(佐久間大介)、「変わらない熱量を持ったメンバーを尊敬」(深澤辰哉)、「妥協しない自分たちはすごいなって思う(笑)」(渡辺翔太)、「国民的アイドルになるために、次の5周年に」(阿部亮平)、「注目してもらえるグループに成長しました」(岩本照)、「皆さんの"舘様像"を壊さないように」(宮舘涼太)。

さらに年齢順に分かれたクロストークでは、メンバーだけが知る一面をグループごとに披露。目黒、向井、ラウールの年少グループは、それぞれが3年で個性が急成長した点を振り返り。渡辺、佐久間、深澤の年上組3人は、一番子供っぽい説について検証! そして今年30歳を迎える酉年チーム、阿部、岩本、宮舘は「健康第一」の理由を明かします。

表紙カットは笑顔を封印。時を刻み、挑み続けることでパワーが増した彼らの強くてしなやかなまなざしを強調。スッと佇んでいるだけでもカッコいい…とスタッフからはため息も! 今回、唯一の笑顔ショットは3カットだけ! このギャップにはまる人が続出なのもうなずけます。

そのほかに、巻頭特集の「この愛、ずっと変わらない 永久保存版」では、高橋一生×飯豊まりえ、生田斗真×磯村勇斗、西畑大吾(なにわ男子)、柚希礼音、犬飼貴文×飯島寛騎らが"永久保存"をキーワードに、「記憶」「絆」「決意」「食卓」「今」について語ります。

特集今おすすめしたい旬な本を集めました

#01

大人の自由研究本

生物、地理、歴史にブロックチェーンなどなど。大人も楽しめる「自由研究本」が勢揃い! 充実した夏を過ごすためのヒントが詰まった特集です。

詳細検索

    • から

    • まで