Home>幻冬舎の月刊PR小説誌『PONTOON』(ポンツーン)

pontoon  

PONTOON 2015年12月号N0.207

小説・エッセイ

◆新連載
高嶋哲夫 電王【第1回】
かつて親友だった二人は、奨励会で神童と呼ばれていた。
一人は名人に、もう一人は人工知能研究のトップに登り詰めた。

◆読切シリーズ
久坂部羊 手術部風呂
消化器外科のベテラン・大小路が医師用の風呂に入ると先客がいた。
猛然と怒りが込み上げた。泌尿器科医の分際で俺より先に入るとは!

◆好評連載
中山七里 作家刑事毒島【第2回】
小説家志望の容疑者たちを、毒島は舌鋒鋭く追いつめていく。

矢月秀作 光芒【第5回】
「あんたは伝説の第二幕を作ってくれ」鬼神の瑛太が深々と頭を下げた。

橋本治 福沢諭吉の『学問のすゝめ』【最終回】
    現在進行形としての『学問のすゝめ』
「まだ近代じゃない現代」に気づいてしまう時がきた。

里見清一 医者になろうという君達へ【第10回】
     医者はどれだけ忙しいか―勤務医の生活
それなりに収入はあるが、このキツさに見合ったものか?

曽根圭介 分岐点【第13回】
健作はついに毛利家に乗りこんだ。すると地下から音が。

佐藤優 十五の夏【第32回】
    第二部 アクチブ
国家として、民族として、絶対に失ってはいけない矜持。
 
長岡弘樹 泳ぐカメレオン【第27回】
追加報酬につられて、叶井は郷野目に手渡されたメモを読み始めた。

恩田陸 蜜蜂と遠雷【第66回】
僕はこのオーケストラに愛されている! マサルの霊感は冴えまくった。

 

書評・コラム

◆担当編集者のここを読んでほしい!
『首都崩壊』(高嶋哲夫・著)

◆今月のできたて本
読者に驚きと温かな気持ちを
抱かせようとする作者の思い
『シェアハウスかざみどり』名取佐和子……………………池上冬樹

自分たちの行動はきっと誰かに
影響を与えているということへの気づき
『バタフライ』平山瑞穂………………………………羽田圭介

◆忘れられない味
なぜ、はんぺんなのか?………………………………乗代雄介



▼▼▼PONTOON" 装画"コンペティション Vol.16 応募要項▼▼▼

PONTOON"装画"コンペティションVol.15選考結果発表
【→詳細はこちらから】

 



幻冬舎公式SNS