Home>幻冬舎の月刊PR小説誌『PONTOON』(ポンツーン)

pontoon  

PONTOON 2015年10月号 No.205

小説・エッセイ
▼読切
10月にNHKとフジテレビで小説Wドラマ化の著者、本誌初登場!
久坂部羊 伝説の教授室
循環器内科教授は言った。「心臓ほどエラい臓器はないんだよ」

▼好評連載
矢月秀作 光芒【第3回】
「戦争するのか? 仕切り役は?」瑛太は男の頭部を壁に叩きつけた。

西澤保彦 悪魔を憐れむ【後編】
老教官の転落死はじつは殺人!? だがその犯人もまた殺され!?

橋本治 福沢諭吉の『学問のすゝめ』【第8回】
    もしも世の中がバカだらけなら
オレはこういうバカが嫌い! 諭吉、本心を激白。

里見清一 医者になろうという君達へ【第8回】
     医局制度の崩壊と逆襲
卒業生が大学医局の言いなりにならなくなった! 焦った大学は?

曽根圭介 分岐点【第11回】
誘拐された女児の父親は、懸賞金付ホットラインを設置した。

佐藤優 十五の夏【第30回】
    第二部 紹介状
思想にかぶれるな。ロシア人は共産主義なんか信じてない。

長岡弘樹 泳ぐカメレオン【第26回】
叶井がいつもより一時間早く出勤すると、不審な老婆がいた。

恩田陸 蜜蜂と遠雷【第64回】
本選一人目、韓国人奏者が弾くラフマニノフ。明石は気が遠くなった。

 

書評・コラム
▼忘れられない味
ラーメン・ダイエット………………小林泰三

▼今月のできたて本
何が道徳的かなんて、
自分の頭で考えろ!
『新しい道徳「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか』(北野武・著)…………おおたとしまさ

合理性を試される試練の行為。
料理の本質を突きつける
『弱火コントロールで絶対失敗しない料理』(水島弘史・著)………………羽田圭介

謎は、人間の真実と人生の不条理。
〈グランド・ホテル形式〉の火村シリーズ最新作。
『鍵の掛かった男』(有栖川有栖・著)………………………………………………中条省平

▼担当編集者のここを読んでほしい!
『落英(上)(下)』(黒川博行・著)



▼▼▼PONTOON" 装画"コンペティション Vol.16 応募要項▼▼▼

PONTOON"装画"コンペティションVol.15選考結果発表
【→詳細はこちらから】



幻冬舎公式SNS