Home>幻冬舎の月刊PR小説誌『PONTOON』(ポンツーン)

pontoon  

PONTOON 2015年9月号 No.204

▼小説・エッセイ
矢月秀作 光芒【第2回】
抗争!? 裏稼業の競合相手に見え隠れする過去の怨念が炸裂!

橋本治 福沢諭吉の『学問のすゝめ』【第7回】
    敵がようやく姿を現す
初めは穏やかだった諭吉。だが四編、五編で突如怒る!

里見清一 医者になろうという君達へ【第7回】
     学位について
医者にとって博士号とは「足裏の飯粒」のようなもの。そのココロは?

曽根圭介 分岐点【第10回】
八年ぶりに被害者の父と対峙した刑事。胸に去来した思いは。

佐藤優 十五の夏【第29回】
    第二部 乾杯
第6特別収容所に抑留された日下さんはスパイだった!

恩田陸 蜜蜂と遠雷【第63回】
「なぜバルトークを選んだの?」訊かれた風間塵の予想外の返答とは?

書評・コラム
▼担当編集者のここを読んでほしい!
『放課後の厨房男子』(秋川滝美・著)

▼今月のできたて本
複雑を極める悪因縁の構図と
再読により浮上する実像
『きわこのこと』まさきとしか…………………………千街晶之

惜しみなく描かれる
男がモテるための最新理論
『ぼくは愛を証明しようと思う。』藤沢数希…………羽田圭介

▼忘れられない味
グローブと牛タン…………………………………………平岡陽明

▼▼▼PONTOON" 装画"コンペティション Vol.16 応募要項▼▼▼

PONTOON"装画"コンペティションVol.15選考結果発表
【→詳細はこちらから】




幻冬舎公式SNS