Home>幻冬舎の月刊PR小説誌『PONTOON』(ポンツーン)

pontoon  

PONTOON2014年11月号 No.194

小説・エッセイ
▼好評連載
中山七里 ワルツを踊ろう【第3回】
田舎の旧弊な人間関係の中で居場所を探し続ける了衛。

白川道 竜の道 昇龍篇【第5回】
復讐の鬼と化すはずだった双子。誤算は、弟の恋心。

真梨幸子 アルテミスの采配【第8回】
目が覚めると“僕”はAVでよく見た「例の館」にいた。

澤田ふじ子 公事宿事件書留帳 隠居そば【第137話】
誘拐して身代金を取るつもりが、いつの間にか……。

葉室麟 風かおる【第9回】
夫の亮がついに長崎から戻り、喜ぶ菜摘だったが……。

貫井徳郎 宿命と真実の炎【第10回】
十八年前に起きた事故。警察は何を隠してきたのか?

新宮広明 サマーキャンプ【第11回】
     潜入捜査官・高階紗香の慟哭
施設内で起きてしまった殺人事件。遺体は消え、犯人は?

津原泰水 ヒッキーヒッキーシェイク【第17回】
「死神が貴方でよかった」。竺原の言葉の意味は何か?

石持浅海 凪の司祭【第19回】
何とかして文琴を護らなくては——でも、どうやって?

佐藤優 十五の夏【第19回】
    第二部 フライドライス
プダペシュトの映画館で観る『モスクワわが愛』。

町田康 文学的以前・以降【第25回】
    茶出しの問題
おっさんの出す茶菓子を職人はありがたがるか?

恩田陸 蜜蜂と遠雷【第53回】
審査員ナサニエルは塵の演奏を聴き、師ホフマンの笑顔を感じた。

 

書評・コラム
▼担当編集者のここを読んでほしい!
『天下、なんぼや。』(吉川永青・著)
▼今月のできたて本
図々しい〝弱者〞たちの侵略
『はぶらし』近藤史恵……………………羽田圭介
▼忘れられない味
幻のゴーヤチャンプルー…………………奥田亜希子
▼PONTOON“装画”コンペティション Vol.14 応募要項

PONTOON"装画"コンペティションVol.13選考結果発表
【→詳細はこちらから】


[PONTOON BACK NUMBER]
179 / 180 / 181 / 182 / 183 / 184 /185 /186 /187 /188 /189 /190 /191 /192 /193