sakuya
sakuya_txt
ichigo
ichigo_txt

lead

volume01

volume02

漆黒の鼓動

時は戦国。
甲斐の武田が大軍を引き連れて志賀城を攻めた。
狙いは、九尾の狐の怨念が宿った殺生石。
志賀城の姫・咲弥は、殺生石を守るために城を抜け出すが、
山賊に襲われて、谷底に転落してしまう。
そんな彼女を助けたのが、
山奥に住む一吾という少年だった。
妖魔の追手が迫る中、
ついに闘いの火蓋が切られる―王道エンタメ、開幕!

蒼天の闘い

殺生石を砕く力を持った「封魔の鎚」を探すため、
那須岳に向かうことになった咲弥たち一行。
自らの力の無さを悔やみながらも、
彼女を助けるためにその後を追う一吾。
それぞれが試練に立ち向かう中、
山本勘助の人ならざる力により、
休む間もなく窮地に追い込まれる!
妖魔が蠢く絶体絶命のピンチを
切り抜けられるか?―王道エンタメ、第二弾!

  • 咲弥

    「この石が私を死なせてくれない」

    生まれながらにして殺生石を身体に宿している姫。

    咲弥
  • 一吾

    「大丈夫だ。心配すんな」

    困難に怯まぬ心を持った少年。咲弥が背負った宿命に共に立ち向かう。

    一吾
  • 無名

    「救いたいなら、生きろ」

    名を捨てた凄腕の忍び。

    無名
  • 紫苑

    「言われるまでもなく、生き抜いてみせる」

    咲弥のために尽くす従者。

    紫苑
  • 矢吉

    「臆病者は、すぐに死にたがるんだよ」

    無名と行動を共にする忍び。

    矢吉
  • 真蔵

    「お前の信じた道を行け」

    鍛冶職人。一吾の育ての親。

    真蔵
  • 山本勘助

    「殺生石を奪え。他の者は皆殺しにしろ」

    武田の軍師。不思議な力を秘めている。

  • 九尾の狐

    「逃げられると思うな――」

    恐るべき力を持つ妖狐。

page01