小説幻冬

幻冬舎だからできる、豪華執筆陣の月刊文芸誌。
10月27日、創刊。

編集長より

「活字の力で世界を変える。」

 このたび幻冬舎は、1993年の会社創立以来の悲願でもあった月刊文芸誌を、2016年10月27日(木)に創刊いたします。
 このIT時代に紙媒体の文芸誌を創刊するのは、狂気の沙汰かもしれません。
 しかし、狂気の沙汰の中で七転八倒しながらベストセラーを生み出してきたのが幻冬舎です。長らく言われ続けている出版不況。私たちを魅了した物語の力は弱まってしまったのか? 活字の力は減退しているのか? そうではないと私たちは信じています。その信念を具現化するためには、私たち自身が自らを追い込まなくてはいけません。新雑誌の名称に社名を冠するのは、その決意の表れです。ITの力で社会は「便利さ」を増しましたが、そんな時代だからこそ、紙の本を通じて「豊かさ」を提供するのが私たちの使命だと確信しています。活字の力で世界の何かを変えたい。ページを開いた際のワクワクする気持ちを読者と共有したい。その想いを胸に、私たちは新たな船出をします。
 本誌での連載が終了した作品は書籍化します。「ポンツーン」「パピルス」「GINGER L。」(※)の3誌を統合、かつ月刊化することで、ベストセラーをより多く、よりスピーディーに生み出していきます。「文芸出版社」として培ったノウハウのすべてを新雑誌「小説幻冬」に集約し、全力で取り組んでいく所存です。
 小説家はもちろんですが、あらゆる分野で活躍する表現者の作品を掲載していきます。ミステリー小説、恋愛小説、時代小説、青春小説など、すべてのジャンルの傑作を揃えます。エンターテインメント小説と純文学の垣根も取り払います。本を愛する書き手と幻冬舎が一丸となって「言葉の力」「物語の力」を凝縮することで、読者の人生を様々な光で照らすことができれば幸甚です。

「小説幻冬」編集長 有馬 大樹

 

※PR誌「ポンツーン」(1998年創刊):2016年8月売号から電子書籍にて販売/カルチャーマガジン「パピルス」(2005年創刊):2016年6月売号にて休刊/季刊文芸誌「GINGER L。」(2010年創刊):2016年9月売号にて休刊

お知らせ