Home旅者の歌

大人気連載、堂々の再スタート!旅者の歌 第三部 小路幸也
STORY ここシィフルの地では、7の年の誕生日は、野獣に換身しうる「試の日」とされる。主人公・ニィマールとその兄と姉、婚約者の四人は、同じ日に試の日を迎えた。しかしその長い夜が明けると、きょうだいと婚約者はみな野獣の姿に換身 してしまった。なぜか、人間の心を残したまま??。かつて誰も 足を踏み入れた ことのない果ての地に行けば、彼らを人間に戻すことができると聞いたニィマールは名を捨て、リョシャと名乗り、試練の旅に出た。人間の言葉を操る獅子・スィールとルーラ、そして歴戦の戦士カポックを迎えたリョシャたちは、<白い森>に呪いをかけた<中途の王>を倒し、<新世界> への扉を開いた。<始まりの地>を探す運命を持つドュランを新たな仲間にしたリョシャは、海を越え<新世界>へ向かう。新たな世界、新たな仲間。<魂の地>を求めるリョシャの旅は、遂にクライマックスへ。大人気連載、堂々の完結編へ再始動!
ダウンロードはこちら
旅者の歌 第三部
旅者の歌 第三部 お試し版

お試し版

小路幸也

ダウンロードはこちら

人間の言葉を操る獅子・スィールとルーラ、そして歴戦の戦士カポックを迎えたリョシャたち一行は、<白い森>に呪いをかけた<中途の王>を倒し、<新世界>への扉を開いた。<始まりの地>を探す運命を持つデュランドセットルンを新たな仲間にしたリョシャは、海を越え<新世界>へ向かう。新たな世界、新たな仲間。果ての地であり<始まりの地>でもある<魂の地>を求めるリョシャの旅は、遂にクライマックスへ。大人気連載、堂々の完結へ再始動!たっぷり読めるお試し版です。

旅者の歌 第三部 第1回

第1回

小路幸也

ダウンロードはこちら

人間の言葉を操る獅子・スィールとルーラ、そして歴戦の戦士カポックを迎えたリョシャたち一行は、<白い森>に呪いをかけた<中途の王>を倒し、<新世界>への扉を開いた。<始まりの地>を探す運命を持つデュランドセットルンを新たな仲間にしたリョシャは、海を越え<新世界>へ向かう。新たな世界、新たな仲間。果ての地であり<始まりの地>でもある<魂の地>を求めるリョシャの旅は、遂にクライマックスへ。大人気連載、堂々の完結へ再始動!

旅者の歌 第三部 第2回

第2回

小路幸也

ダウンロードはこちら

<新世界>でリョシャたちが最初に訪れたのは<ファングランド>という国だった。そこからさらに北の地へ。目指すは、天高く聳える巨大な岩の大地、<神の家>。その道中、盗賊が跳梁跋扈する峠で出会ったのは……。

旅者の歌 第三部 第3回

第3回

小路幸也

ダウンロードはこちら

岩の大地の近く、正体の分からないグルと生き残るための戦いを繰り広げたリョシャたち。窮地を乗り切るため<漆黒>を使ったものの、その威力は恐ろしい程だった。何とかグルを振り切ったリョシャたち一行は、岩の大地を登り、<神の湖>に辿り着いた。その地で彼らが体験したのは……。

旅者の歌 第三部 第4回

第4回

小路幸也

ダウンロードはこちら

<神の湖>にあった円筒形のものの中で発見した<神の檻>で一晩を過ごしたリョシャたちは、そこで遙か彼方生まれ故郷の<シィフル>の声を聞く。この地こそが世界の秘密を解き明かす場所なのか? たとえ犠牲が出ようとも秘密を解く決意をしたリョシャが選ぶ過酷な選択とは……。大長編冒険譚が最高のクライマックスへ向かう感動の最終話!

旅者の歌 第一部 文庫本
旅者の歌 始まりの地

旅者の歌 始まりの地

小路幸也

ダウンロードはこちら

ここシィフルの地では、7の年の誕生日は、野獣に換身しうる「試しの日」とされる。主人公・ニィマールとその兄と姉、婚約者の四人は、同じ日に試の日を迎えた。しかしその長い夜が明けると、きょうだいと婚約者はみな野獣の姿に換身してしまった。なぜか、人間の心を残したまま--。野獣に変身したきょうだいと婚約者。彼らを救うため、ニィマールはその名前を捨て、リョシャと名乗り、旅立つことを決めた。溢れる涙が止まらない、大長編エンターテインメント!

旅者の歌 第二部 単行本
旅者の歌 中途の王

旅者の歌 中途の王

小路幸也

ダウンロードはこちら

愛と絆が試される壮大な冒険の旅に挑む勇者よ。
運命に立ち向かえ。この世界を拡げよ。

『東京バンドワゴン』の著者が描く
一大エンターテインメント叙事詩。

魂が人間のまま野獣に換身してしまった兄姉(きょうだい)と許嫁(いいなずけ)。かつて誰も足を踏み入れたことのない<果ての地>に行けば、彼らを人間に戻すことができると聞いたニィマールはその名を捨て、リョシャと名乗り、野獣の姿となった3人とともに試練の旅に出た。死が蔓延する冬山を越え、時に戦いながらも、行く先々で、初めて会う民族に助けられ、そして新たな仲間を加えながら<果ての地>を目指す一行。やがて彼らの前に現れたのは、呪われた地である戸惑いの<白い森>だった……。

登場人物
著者プロフィール
小路幸也
公式サイト
作家インタビュー
1961年北海道旭川市生まれ。1985年、札幌の広告会社に就職し、地元百貨店を担当。エディター、ライター、プランナーとして勤務する。
1991年、「30歳を機に作家になる」と志し、新人賞へ投稿開始。38歳で退社、フリーとなり、ゲーム制作会社でシナリオライターを務めながら、専門学校でゲームシナリオ講師も。2003年、『空を見上げる古い歌を口ずさむ』で講談社メフィスト賞を受賞、作家デビュー。『東京バンドワゴン』シリーズをはじめ、著書多数。幅広い層から支持を得ている。