2015年1月号
2015年1月号2015年1月号2015年1月号
2015年1月号
購入する

特集

結局、一番難しいのは
社内コミュニケーション

愛されオトコ
になる基礎講座

創刊以来およそ9年。
ゲーテは実にたくさんの各界の仕事人に話をうかがってきた。
そこで気づいたのは、会社を率いるトップには共通する悩みがあることだった。 大企業のCEOにも、小規模のクリエイターズ集団のリーダーにも共通する悩み、それはずばり!「社内のコミュニケーション」。
結局のところ、大変なのは身近な人間関係なのだ。 ビジネスの現場で、恋愛関係のような親密な「好き」は不要だが、何よりもまず同僚(特に女子)から「嫌われないこと」が大切。 侮あなどるなかれ、これは仕事での大きな成果にもつながってくる。 ところが、オフィスにはいわゆる「残念な人」が溢れている。 それがちょっとした意識で直るとすれば、気をつけるにこしたことはない。 創刊号の表紙を飾った、ゲーテのアイコンともいえるジョージ・クルーニーもさまざまな男の有りようを演じていて、そこにはヒントが隠されている。
そう、それは今、最も必要な「愛されオトコ」のスタイルなのだ。

cover
Model:Noritake Kinashi
Photograph=Hiro Kimura
Styling=Atsushi Okubo
Hair & Make-up=Ichiki Kita
Illustration=Arata Coolhand

ページトップへ

#

ゲーテのコトバ ドリアン助川

Who is Goethe ?

BURBERRY PRORSUM グラフィカル

村上 龍

「人口減少と晩婚・未婚化」

連載

冨山和彦 「それ、会社病ですよ。」

連載

髙島郁夫 「日本の社長にはセンスが足りない」

THE BREAKING G

シェイプ/ゼイタク感/しなやかさ/伊達な男/セレブレーション

連載

松浦勝人 「素人目線 EPISODE2」

ページトップへ

いま、一番気になる仕事/5th ANNIVERSARY 滝川クリステル

スペシャル対談

いま、一番気になる仕事
5th ANNIVERSARY
滝川クリステル

フリーになって早5年。今の私、これからの私。
自分の心に正直に、やりたいことに向けてひたすら歩んできた5年。
「仕事とは自分を成長させてくれる絶好の機会」という滝川さんが出会ったビジネスパーソンたちから受け取ったものとは?。

会員組織「GOETHE Biz SALON」

ビジネスセミナーで何を学ぶのか/CHEF-1ナイト秋の陣
イベントのご案内
http://www.goethe-bizsalon.jp

ページトップへ

結局、一番難しいのは社内コミュニケーション愛されオトコになる基礎講座

特集

結局、一番難しいのは社内コミュニケーション
愛されオトコ
になる基礎講座

木梨憲武 誰も嫌いになれない!? 職場の愛されオトコ
マネックス証券 松本 大が“愛され社長”である理由。
ここが惜しい! オトコの身だしなみ
おのののかが手ほどき! “また会いたいオトコ”になる㊙テク
滝藤賢一の愛されマジック
タイツくんSpecial
うっかりやってしまうオトコのクセ オンナたちの心の叫び
サイバーエージェント女性社員が推す 30代の愛され上司を直撃!
ライフネット生命・出口治明が指南!
歴史上の偉人に学ぶ女性とのタッグの組み方
歴代In the Office登場美女に訊く!
オフィスでトキめく瞬間、冷める瞬間

小林章一 アルビオン代表取締役社長 ×
見城 徹 幻冬舎代表取締役社長

業界は違えど、目指すものは同じ。それは、圧倒的であること

ページトップへ

第2特集 全方位から愛される時計を選ぶ。センスがいい時計の今どき基準。

第2特集

全方位から愛される時計を選ぶ。
センスがいい時計の今どき基準。

人目に触れやすい時計は、何を選び、どうつけるかで、趣味や嗜好を深読みされやすいアイテムだ。
だからこそ“センスがいい”と言われる時計を選ぶのは、自分自身を演出し、キャラクターを作るうえで欠かせない。
では“センスがいい時計”とは何だろうか?
時計を知り尽くしたライターとメンズファッションに精通した女性スタイリストが語り合う。

ページトップへ

今年も大詰め!クリスマス、忘年会、年越し……銀座でシメる

第3特集

今年も大詰め!クリスマス、忘年会、年越し……
銀座でシメる

新年に向けて、これからの時期はイベントが目白押しだ。買い物も、
食事も、ボディメンテナンスも、最上級の店がこの街には揃う。
年末を愉しむための、年末総力ガイド!

ページトップへ

キャリアのすべてを注ぐ史上最大の大作戦で資生堂を“闘う集団”に変える

シリーズ 「24時間仕事バカ!」の熱狂人生

キャリアのすべてを注ぐ史上最大の大作戦で
資生堂を“闘う集団”に変える
資生堂代表取締役社長
魚谷 雅彦

創業1872年。連結売上高約7620億円。従業員数約4万7000人。
日本を代表する名門企業のひとつ、資生堂が変わり始めた。
きっかけは経済界に衝撃を与えた、外部からの新社長登用だった。

連載

ホラン千秋が行く! 男の美SPACE

来日密着インタビュー ヤンク・バリー

ページトップへ

スーツも喜ぶ貫禄アイテム リッチなコートはネイビー&キャメル

シリーズ STYLE of G

スーツも喜ぶ貫禄アイテム
リッチなコートは
ネイビー&キャメル

古代ローマ時代にはマントが権威のシンボルであったように、近代のオーバーコートもまた着用者の格や地位、 ひいては知性や品性を象徴するアイテムである。ここ数年はビジネスシーンでも着丈の短い軽やかなコートが主流だったが、 自分のスタイルを持つ成熟した男たるもの、機能ばかりに固執せず、自身を投影するに足る威風漂うコートを纏うべきではないか。 そうしたコート本来の意義に立ち返り、本誌が提案するのがネイビーとキャメルのコートだ。 紳士のオン・オフに風格とリッチさを演出する、貫禄の1 着を手に入れてほしい。

4G

JOHN LOBB/RENAULT/ロザン/
Paul Smith×Led Zeppelin/EDOX

Entertainment GOETHE special

広末涼子

Entertainment

MUSIC│BOOK

最新情報&プレゼント

次号予告

G-CHOICE

連載

滝田勝紀の時創ギア。

連載

美術監督 種田陽平の映画空間術

連載

峰竜太「人生を愉しむ竜儀」Special @フィレンツェ

連載

チャーリー・ヴァイスからの手紙

連載

タイツくん・本革の手帳

連載

In the Office

More